YOKOHAMA SOUND TRADE

ystaudio.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 30日

8200CD及びM-DAC XLR接続に関するトラブルの件

Audiolab 8200CD及びM-DACでノイズが発生する事例が確認されました。

現段階ではメーカーからの明確な回答はございませんが製品の設計上やむ終えない症状と判断致しております。

誠に申し訳ございませんが下記対処方法を試していただければノイズを回避できます。

お手数ではございますが何卒ご了承くださいませ。

・状況

8200CD及びM-DACのアウトプットXLR及びRCAを同時に使用した際、XLR出力がアンバランス接続に変換されている場合、アウトプットの信号に歪みが発生する場合がございます。まれにXLRを変換しなくても発生する場合がございます。

これは機器が電子バランス設計故に発生する症状だろうと判断できます。
メーカーからの明確な回答はございませんが、現段階では下記対処方法が最も有効です。

引き続きメーカーには確認をとっておりますので新たな情報がございましたら情報を更新させていただきます。

・対応方法

M-DACのXLR出力に接続するバランスケーブル(ケーブルのメス側)の3番ピンを切断していただくことでノイズは出なくなる筈です。

※この場合はアンバランス接続となります。

大変お手数ではございますが何卒ご了承くださいませ。


[PR]

by ystaudio | 2014-12-30 17:51 | その他


<< 現在オーディオユニオン御茶ノ水...      GRAHAM AUDIO LS... >>